他のSLブログやSL業界の期失額から推定すると、大半の投資家がトータルでSLで損失が出ている状況だと思います。

結局メインの投資先でコツコツドカンをやられ元本の大半が毀損するとほぼ挽回不可能ですよね。

特に、「目指せ年利9%」とかいって、高利回りにこだわって来た人は、目を覆うばかりの惨状になっています。

でも、コツコツドカンをやる事業者の属性というのは、ほとんどパターン化されています。

私が何度か言っていますように、やらかすのは素性の知れない非上場の零細同族事業者ばかりです。

なぜかSL投資家は、案件ばかりに目がいく人が多いようですが、実際は事業者選びでほとんどが決まっています。

安全安心の担保などといっていてもコツコツドカンをやられたら何の意味もなかったですよね。

一部の安定的なリターンを得ているSL投資家は、利回りを追い求めず上場企業系+不動産投資型クラウドファンディングに特化している人たちですよね。

仕組みから考えても、上場企業系+不動産投資型クラウドファンディングともコツコツドカンからは相当遠い位置づけであり、損失リスクは限定的だと思います。

時々上場企業でも倒産する可能性があるから同じだと的外れなことをいう人がいますが、経営体力や信用力のある上場企業が突然死やコツコツドカンをしますかね。

貸付先の匿名化が解除されようとも、結局は経営体力のある上場企業をメインに持っていく投資手法が安定的なリターンにつながるのには変わりないと思います。

結局、今後もこういう違いがよくわかっている人が、SLで生き残っていくんでしょうね。

ランキングに参加しています。参考になった情報、興味を持った記事がありましたら、クリックをお願いします。
リンク先にはソーシャルレンディングを取り扱うブログがたくさんあるので、いろいろと参考になりますよ。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

【アフィリエイトリンク】すべて管理人が実際に利用しています。口座開設をお考えの方はこちらからどうぞ。

(参考)私の事業者格付け
格付け事業者
AAASBISL ビットリアルティ  Jointo α
AALCレンディング Ownersbook Funds(上場企業系)
AFANTAS Funding  CREAL  Funds(非上場) LANDNET
Funds 
上場企業が参加 50万円投資中
 FANTAS funding
案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング
 170万円投資中
CREAL
案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング 135万円投資中
SBIソーシャルレンディング
SBIグループ子会社が運営。700万円投資中
OwnersBook 
上場会社が運営。140万円投資中
クラウドバンク
  証券会社が運営。50万円投資中

【SL事業者別投資残高(2019.5.7現在)】