私は、基本的にソーシャルレンディングは1年以内の短期案件を好みます。

実際のところ、約90%は1年以内の案件です。

1年超過の長期案件は、事業者リスクの低い上場企業であり、期限前償還が多いOwnersbookと案件が特定できるプレリートファンドぐらいです。

SBISLは、部分的な期限前償還が多い不動産担保ローン(12ヶ月)が中心です。このファンドは、部分的な期限前償還が多いので、実質的な資金拘束は6ヶ月程度だと思います

理由は、ソーシャルレンディングは流動性がないため、いざという時に逃げ遅れる可能性が高いから。

例えば、maneo系について私と同様昨年6月から脱出を図っていた投資家もたくさんいると思うのですが、長期案件中心に保有している人は、逃げ切れず多額の被弾をしてしまった人もいらっしゃるのではないでしょうか?ひたすら無事に償還されるのを祈るしか手がない状態ですよね。

私は。クラウドリースもCFFもマイルールで6ヶ月以内の短期案件中心に絞っていたので、傷が少なくてすみました。

1年前には、現在のmaneo系の惨状や凋落を誰もが予想できなかったと思うのですが、ということは現在好調に見える事業者も1年後にどうなっているかはわかりません。それは、上場企業系であろうが、不動産投資型クラウドファンディングであろうが同様です。それぐらいSL業界の浮き沈みは激しいものだと思います。

また、景気変動サイクルを考えれば、東京オリンピック後にくるかはどうかはともかく、そろそろ景気が悪化してきても不思議ではありません。

その時、ソーシャルレンディングがどうなっているかは定かでありませんが、経営体力のない事業者からバタバタと倒れていく気がします。

さらに、ポンジ・スキームが起こりやすいのは長期案件中心の事業者です。みんクレしかりラッキーバンクしかり、最初のうちは、しっかりと分配し、投資家を安心させ長期案件で大金を集めた後で、「ドカン」とやるのが、ポンジ・スキームの「極意」です。

ですから、裏を返せば、詐欺的ファンドであっても、スタート時に短期案件に絞って投資し、再投資をストップしておけば、みんクレでもラッキーバンクでもしっかりと「勝ち逃げ」ができたわけです。高利回りにこだわり資金効率を上げるため、惰性で満期が来るたびに長期案件に再投資をし続けた人が、今大きなキズを負っていることになります。

ラッキーバンクもガイアファンディングも事業者の中では老舗の部類で、長期間遅延・デフォルトなしという実績(実際は飛ばしによる偽りの実績ですが)で投資家を安心させておいて、いきなり「ドカン」とやるところが恐ろしいところです。非上場企業の経営状態をタイムリーに把握することは困難なので、ついズルズルと再投資してしまうところを事業者にうまく突かれた感じですね。

こういった観点から、私は新規事業者については短期案件を中心に積極的に投資するつもりです。確かに実績がない不安はありますが、万一詐欺的ファンドであっても、しばらくはきちっと分配し、元本を償還しなければ、投資家の信頼を得て多額の資金を拘束するという「旨味」を享受できないので、営業当初の案件はリスクが少ないと読んでいます。IPOの勝率が高いのと似通っているかもしれません。

例えば、FANTASは4ヶ月~、CREAL ・Fundsは6ヶ月~なので、短期案件を中心に積極的に投資し、しばらく様子を見てみようと思います。大事なのは、「SLはほったらかしだから楽チン」と考えるのでなく、その間に再投資するべきか慎重に吟味し、危うさを感じたら早めに撤収することです。

私は、ソーシャルレンディングには中長期的に健全に発展してほしいという希望を持っている一方で、仮想通貨のように「オワコン」になる可能性もあると思っています。ですから、常に「逃げ道」を用意しながら、一定のリスクをとってリターンを狙っていくつもりです。

ランキングに参加しています。参考になった情報、興味を持った記事がありましたら、クリックをお願いします。
リンク先にはソーシャルレンディングやセミリタイアを取り扱うブログがたくさんあるので、いろいろと参考になりますよ。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

【アフィリエイトリンク】すべて管理人が実際に利用しています。口座開設をお考えの方はこちらからどうぞ。


上場企業が参加
 FANTAS funding
不動産投資型クラウドファンディング

CREAL
不動産投資型クラウドファンディング
SBIソーシャルレンディング
SBIグループ子会社が運営。
OwnersBook 
上場会社が運営。
クラウドバンク
  証券会社が運営。