金融庁の方針転換により、貸付先匿名化解除を行うSL事業者が増えています。

貸付先匿名化がSLの詐欺の温床になっていたのは紛れもない事実であり、今後SLが健全化に向うと期待している投資家も多いようですが、果たして本当に貸付先匿名化解除は、特効薬になるのか?

もちろん、詐欺的ファンドの炙り出しには一定の効果はあるとは思いますが、貸付先匿名化解除で一気にSL業界がバラ色になるほどSLの世界が単純とも思えません。

というのも、貸付先の情報が一部公開されたところで、投資家側でそれを分析し、投資パフォーマンスに反映させるだけの投資リテラシーが本当にあるのか?

何か貸付先匿名化解除という一種の安心感だけで終わってしまわないでしょうか?

SL業界に今後も資金が集まってくるようであれば、詐欺的ファンドは貸付先匿名化解除すらも悪用して、手を変え品を変え投資家をはめ込みにくるのではないでしょうか?

結局投資家のリテラシーが上がらなければ、SLに限らず投資の世界で安定的なリターンを出すことは困難だと思います。

個人的には、匿名組合出資という仕組みは、事業者を信用して出資するのが原則だと思いますので、今後も信用力と経営体力のある事業者を中心に投資するつもりです。すなわち、上場企業系+不動産投資型クラウドファンディングをメインに投資するスタンスに変更はありません。

何かおめでたい出来事に水を差しているようなことを言っているかもしれませんが、浮かれることなく、貸付先匿名化解除の功罪をしっかりと分析した上で、今後の投資パフォーマンス向上に反映したいですね。

ランキングに参加しています。参考になった情報、興味を持った記事がありましたら、クリックをお願いします。
リンク先にはソーシャルレンディングを取り扱うブログがたくさんあるので、いろいろと参考になりますよ。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

【アフィリエイトリンク】すべて管理人が実際に利用しています。口座開設をお考えの方はこちらからどうぞ。

(参考)私の事業者格付け
格付け事業者
AAASBISL ビットリアルティ  Jointo α
AALCレンディング Ownersbook Funds(上場企業系)
AFANTAS Funding  CREAL  Funds(非上場) LANDNET
Funds 
上場企業が参加 50万円投資中
 FANTAS funding
案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング
 170万円投資中
CREAL
案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング 150万円投資中
SBIソーシャルレンディング
SBIグループ子会社が運営。700万円投資中
OwnersBook 
上場会社が運営。140万円投資中
クラウドバンク
  証券会社が運営。50万円投資中

【SL事業者別投資残高(2019.5.18現在)】