一般的には、長年の実績がある会社が信用の証になるわけですが、ことSLについては、長年遅延・デフォルトがない老舗事業者が突然死することが普通に起こるので、世の中の常識にこだわらない方がいいようです。

特に、数年前までは、2種業者登録の審査もみんクレやラッキーバンクを通したぐらいですから、相当甘かったはずであり老舗事業者が信頼できる保証はありません。みんクレ問題以降は、金融庁の審査が格段に厳しくなったので、逆に新規事業者ほど安全性が高い可能性があります。

新規会社のうち、5年後に残っているのは20%程度と一般的に言われています。SL事業者もmaneo系数社が淘汰されるのは確実な模様で、5年後にはSL事業者は様変わりしているかもしれないですね。仮想通貨もしかりリーマンショックのときもしかり、投資の世界では逃げ遅れた人が大やけどを負うものです。

こう考えると、固定観念にとらわれず、良質な事業者が来ればはどんどんと乗り換えた方が安全な気がします。もちろん、Fundsやビットリアルティなどはまだ中身はベールに包まれており読み違いもあるでしょうが、たとえ読み違えても、早めに「勝ち逃げ」すればいいと考えています。要は、投資期間中に突然死しなければいいわけなので。プロ投資家は、みんクレを相手にしても、高額キャンペーンをゲットした後、トンズラしてちゃっかり儲けていたかも。

特に今は貸付先匿名化の解除が目前に控え、旧来型のSL事業者はどこまで対応できるか不透明ですしね。
これから、SLに参入する人は、新規事業者+老舗は上場企業限定からスタートした方が安全かもしれません。
間違っても淘汰されそうな事業者に大金を投資しないように。

私は、maneo系に代表される旧来型のSL事業者には幻滅しているし、もともと短期案件中心なので、大胆に事業者の入れ替えを図ろうと思います。特に、最近増えたきた上場企業系+不動産クラウドファンディングへの転換を計画しています。最近参入して来た事業者は、旧来の問題点を改良したいわば次世代型のSLと呼べるべきものになるかもという期待感もあります。

SL業界がここしばらく不祥事続きだったので、私の投資もブレーキを踏みっぱなしでしたが、ボチボチ良質なプレーヤーが揃ってきたところで、再びアクセルを踏むチャンスを狙っています。

ランキングに参加しています。参考になった情報、興味を持った記事がありましたら、クリックをお願いします。
リンク先にはソーシャルレンディングやセミリタイアを取り扱うブログがたくさんあるので、いろいろと参考になりますよ。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

【アフィリエイトリンク】すべて管理人が実際に利用しています。口座開設をお考えの方はこちらからどうぞ。


上場企業が参加
 FANTAS funding
不動産投資型クラウドファンディング

CREAL
不動産投資型クラウドファンディング
SBIソーシャルレンディング
SBIグループ子会社が運営。
OwnersBook 
上場会社が運営。
クラウドバンク
  証券会社が運営。