ランキングに参加しています。
クラウドファンディング業界が健全な業界になるには、詐欺的ファンドとそこに群がるステルスブロガーの撲滅が必要だと考えている人は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ

 ここ最近の上場企業系CF事業者の進出が目立ちます。

9月になってアイフル系列のAG Crowd Fundingやフィット系列のソルミナの上場企業系2社がデビューしましたね。

Rimle・ジョイントアルファ・大家.com・A-FUNDING・TSONなどの不動産CF

COOL・FUEL・Fundsなどの社債風CF

ビットリアルティ・オーナーズブックなどの不動産のプロが運営の融資型CF

AG Crowd Funding・J-LENDINGなどの貸金業のプロが運営の融資型CF

稼働済太陽光発電所案件を扱うソルミナ



安定志向の投資家は、これらの上場企業系だけでポートフォリオを組んでも十分な環境になりました。

数年前では想像できないくらい充実したラインナップになりました。

上場企業系であれば、やらかしても常識的な対応が期待できるという安心感は大きいですね。

SBISLの件も踏まえて、資金の目的外使用などの事業者側に重大な瑕疵があれば、損失補填するというのが上場企業系のスタンダードになるかもしれません。資金力のある上場企業系であれば、金でさっさと片づけた方が信用に傷がつきませんからね。

もちろん非上場企業系に比べれば、利回りは多少落ちますが、それは保険代相当というものです。

CF投資で資産を失っている人は皆非上場企業系事業者にコツコツドカーンされた上に、ドロンされてしまっている人たちです。

欲望をコントロールできないと阿鼻叫喚が待ち受けているのが、CF投資の怖いところですね。

逃げも隠れもできない上場企業系をメインに攻めていくのが、今後のCF投資の王道かなと個人的には思います。

これだけ環境整備されたにもかかわらず、ババを引くというのは何としても避けたいですからね。

この界隈が上場企業系メインになれば、業界のダーティーなイメージも払拭され、投資家にとって定期預金・個人向け国債に次ぐ安全安心の金融商品として成長していくのではと期待したいところです。

バンカーズ
50万円投資中

WARASHIBE
 いつでも解約可能な不動産投資型クラウドファンディング 70万円投資中

アセクリ
不動産投資型クラウドファンディング 40万円投資中


Jトラスト100%子会社の日本保証の保証付案件あり


 
Jトラスト100%子会社の日本保証の保証付案件あり
関連記事