ランキングに参加しています。
クラウドファンディング業界が健全な業界になるには、詐欺的ファンドとそこに群がるステルスブロガーの撲滅が必要だと考えている人は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


CF投資で間違いやすいのは、一見募集額・募集件数が増えていると、CF事業者の業績が好調のような錯覚に陥りやすいところ。

maneoもSBISLもやらかす前は、募集額・募集件数も飛ぶ鳥を落とすような勢いに見えて、アフィブロガーが業績絶好調とよく煽っていましたね。

ところがこの界隈では、ポンジスキームとやらでいくらでもデフォルト・遅延なしの実績は作れるので、老舗だとか業界最大手などは安全性の指標になりえないんですよ。

それに高利回りとか高額なキャンペーンを餌に、アフィブロガーに煽ってもらえば、ジャンクな案件でも素人投資家から大金が集まりますからね。

優良な案件などそんなに転がっているわけではないので、次から次へと案件を組成すれば、当然のことながら案件の質は落ちてきます。でもせっかくお金が集まるのにもったいないということで、アクセルを吹かし続けると、maneoファミリーなりSBISLのようにダークサイドに堕ちてしまうんですよね。

CF事業者の宿命的なものでしょうかねえ。

CFで安定的に資産を増やしたい人は、ここのところはよく目を光らせなければなりません。

しっかりとした本業があってCFのような副業で信用を失いたくないと考えている事業者は、案件組成には慎重です。

金額的にも不動産CFならいざという時に自社買取できる範囲の金額に制限しています。

ですから、募集金額・募集件数が企業規模からみて急増しているところは要警戒です。

銀行からは審査が厳しいので多額の調達はできないけど、CFなら素人投資家からは簡単に調達できるからとジャンクな案件が増えてしまうリスクが高いのです。

そして、案の定、やらかしたら己のガバナンスやコンプライアンスの杜撰さを棚に上げて、「匿名組合出資は元本保証でないから、投資家の自己責任」と決まり文句を唱えて、また投資家に損失を被せてくるかもしれません。maneoファミリーやみんクレなどでよく見慣れた光景ですね。

Rimpleやジョイントアルファなどは、一定のペースで募集金額も限定的で投資家には物足りないかもしれませんが、それだけ安全性に考慮しているんですよ。信用第一の上場企業系がCFで投資家に損を与えるわけにはいかないですからね。

もちろん非上場企業系でも、安全性を重視しているところは、無理な案件組成はしてきません。儲けでなく広告宣伝でやってますからね。

地味でもコツコツとやっているがところが、結局は持続可能なんじゃないでしょうか?

募集金額や募集件数が増えると、アフィブロガーは煽るネタが増えて喜びますが、投資家は、CF事業者が粗製乱造に陥り安全性を損ねていないかシビアな目でチェックすることが必要です。

(参考)私の事業者格付け

格付事業者
AAAビットリアルティ  Jointoα Rimple  CRE
TREC  B-Den プロパティプラス FUEL  J.LENDING
AAFunds Ownersbook  i-Bond  COOL  Renosy 
A-FUNDING 大家.com 信長ファンディング SAMURAI FUND TSON
AASSECLI  WARASHIBE ぽちぽちFUNDING バンカーズ

【CF事業者別投資残高(2021.7.31現在)(前月比)】

バンカーズ
50万円投資中

WARASHIBE
 いつでも解約可能な不動産投資型クラウドファンディング 70万円投資中

アセクリ
不動産投資型クラウドファンディング 30万円投資中


Jトラスト100%子会社の日本保証の保証付案件あり


 
Jトラスト100%子会社の日本保証の保証付案件あり


関連記事