ランキングに参加しています。
ソーシャルレンディング業界・クラウドファンディング業界がまっとうな業界になるには、詐欺的ファンドとそこに群がるステルスブロガーの撲滅が必要だと考えている人は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
コロナ対策と同様に、SL投資においても、アクセルとブレーキを巧みに使い分けることは重要です。
2~3年前にマネオファミリーを始め多くの事業者が期失を出したときはまさにブレーキの踏むタイミング。
私も当時は3000万円程度SLに投資していましたが、嫌な予感がしましたので、再投資は見送り1000万円程度は、株式・リート・インフラファンドに資金を移動しました。
幸いなことに、こちらのパフォーマンスはSLよりはるかによく、結果としてSLで若干痛い目にあったおかげで余裕資産は1億円を超えることになりました。
ここで、他のマネオファミリーは無罪だという怪情報を信じて惰性でSLにお金を突っ込んでいた人は、今は期失の山となり、もはやアクセルを踏もうにも軍資金がない状態になってしまっているかもしれません。
結局、ブレーキを踏めない人はSLに限らず投資の世界では勝てないということです。
例えば今のコロナ禍であれば、海外投資専業のクラウドクレジットなどには躊躇なくブレーキを踏むべきでしょう。目くらましのキャンペーンに乗っかってしまう人が、また後で痛い目にあう可能性が高いですね。
今この業界は上場企業系が相次いで進出し、2.3年前に比べ格段に安全性が強化されているので、アクセルを踏むべきタイミングと考え、私は高所恐怖症になっている株式市場から資金を移動し、4000万円程度までSL投資額を引き上げようと考えています。
まあさすがに、1億円をSLに「全集中」する気はありませんが。
一方コロナ禍で淘汰 される事業者も数社程度は出てくる と想定しているので、いかに地雷を踏まないかの分析が肝になっています。40社 を超える事業者のうち、どれをとって、どれを捨てるか、私は財務的健全性がありコンプライアンスとガバナンスが一定水準以上担保されている上場企業系に資金を大幅にシフトしていますが、まさにその目利き力で投資成績に大きく差が出る時代になってきました。
面白いしやりがいがありますよね。

(参考)私の事業者格付け

格付事業者
AAASBISL ビットリアルティ  Jointo α Rimple CRE
AAOwnersbook Funds X-Crowd  i-Bond  COOL  Renosy J.LENDING 
A-FUNDING
ASAMURAI   CREAL  ASSECLI  WARASHIBE

【SL事業者別投資残高(2020.10.31現在)(前月比)】

【広告リンク】

[上場企業系]

CRE Funding 

東証一部上場のCREグループによる、日本初の物流不動産特化型のクラウドファンディングサイト「CRE Funding」481万円投資中

  
上場グループ運営!ハイクラスなソーシャルレンディングサイト 230万円投資中

Jointoα(ジョイントアルファ) 
""東証一部上場企業""あなぶき興産が運営 200万円投資中

Rimple(リンプル)
東証一部上場企業が運営 608万円投資中  

Funds
 
上場企業が多数参加 140万円投資中

SAMURAI証券
ジャスダック市場に株式公開しているSAMURAI&J PARTNERS 株式会社の100%子会社 63万円投資中

SBIソーシャルレンディング
SBIグループ子会社が運営。230万円投資中

[不動産投資型クラウドファンディング(非上場企業のため少額投資にしましょう)]

ぽちぽちFUNDING 
いつでも解約可能な不動産投資型クラウドファンディング

CREAL

案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング 60万円投資中

アセクリ
案件を詳細開示している不動産投資型クラウドファンディング 50万円投資中