ランキングに参加しています。
ソーシャルレンディング業界・クラウドファンディング業界が健全な業界になるには、詐欺的ファンドとそこに群がるステルスブロガーの撲滅が必要だと考えている人は応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


昨年12月13日に以下の記事を書きましたが、いよいよ仕掛けてきましたか?

【東証2部Jトラスト100%子会社】やたらと日本保証が目につく先にあるものは何か?【藤澤氏の野望】

Jトラストのウエブサイトを見ると、7月16日(サイト名:FUNDROP)と7月7日(サイト名:TOMOTAQU)に日本保証の業務提携の記事があります。





日本保証の業務提携先がさらに2社増え7社となります。




上記のようにJトラストは経営戦略として、「大手が参入しないニッチな分野をターゲットとして」クラウドファンディングに積極的に参入を検討しているようです。

日本保証は、Jトラストの100%連結子会社であるので、法的には別会社でも経済的には、Jトラストと一体です。
すなわち、日本保証の保証が付くということは、Jトラストが破綻しない限り安全ということです。
もし、日本保証に不測の事態が起こっても、SBIHDがSBISLを救済するのと同様の結果になります。
Jトラストが1~2年で破綻する可能性が極小と判断するのであれば、日本保証の保証付案件は相当なお墨付きになると思います。

特に非上場企業系事業者は、投資家からの信用を得るため、続々と日本保証と業務提携を結ぶ動きが強まるかもしれません。というか安全性を求める投資家からは、非上場企業系事業者は何らかの保証付き案件でないと今後は資金調達が厳しくなるかも。

CF界隈というのは、Jトラストがいうように「大手が参入しないニッチな分野」なので、Jトラストという「大手」が参入すれば、maneoファミリーとSBISLの亡きあとのこの界隈で藤澤王国を築き上げるかもしれません。

業務提携が資本提携に、さらにmaneoのように買収というような動きがこの界隈で出てくるかもしれません。なんせ資金力豊富ですからいろいろな手が打てますので、目が離せません。

個人的には、Jトラストのような大手上場の金融のプロ集団がこの界隈に入ることは業界の健全な発展に繋がると思うので期待しています。

非上場企業系事業者でも日本保証の保証付き案件には、別格としてサブとして攻めていくつもりです。







(参考)私の事業者格付け

格付事業者
AAAビットリアルティ  Jointo α Rimple  CRE
TREC  B-Den プロパティプラス FUEL
AA J.LENDING Funds Ownersbook X-Crowd  i-Bond  COOL  Renosy 
A-FUNDING 大家.com 信長ファンディング SAMURAI FUND TSON
ACREAL  ASSECLI  WARASHIBE ぽちぽちFUNDING バンカーズ
  
 
バンカーズ
50万円投資中

WARASHIBE
 いつでも解約可能な不動産投資型クラウドファンディング 95万円投資中

アセクリ
不動産投資型クラウドファンディング 30万円投資中


Jトラスト100%子会社の日本保証の保証付案件あり

 
Jトラスト100%子会社の日本保証の保証付案件あり